相模原の庭づくり業者が教えるおしゃれなアプローチの庭づくり編~花壇~

query_builder 2021/08/07
ブログ
IMG_3094_R

こんにちは。

幹制作所の井村幹仁です。

相模原を中心に

・茶庭

・和風の庭

・雑木の庭

・山野草の庭

・ウッドデッキのある庭

・小屋のある庭

・駐車場の庭

・ドックランのある庭  

など様々庭づくりを手掛けいる造園業者です。


今回のお話は花壇について。

ここ世田谷区でリガーデンさせていただいたのはウッドデッキならぬ、「ウッド花壇」。


花壇といっても様々なものが存在します。

木材の他に、レンガ積みであったり、石材で囲ったり、自然石で積んだり。

その中で何故ウッド花壇にしたのか?

庭づくりにはその選択がとても重要になります。

ではその理由をご説明、合わせて使用した樹種の説明をいたします。




IMG_8145_R

庭づくりというのは、ピンポイントで見るのではなく庭全体、住宅を含めて敷地全体を見極めて制作することが重要です。

ただ作るのではなく、全体を構成するのです

私はこれをストーリーのある庭づくりと呼んでいます。


さて、お話を戻しますと、写真を見てお分かりのようにここのお宅では玄関のドアに木材を使用しています。

アプローチと住宅が違和感なく繋がるように玄関と同じ木材を使って花壇を作る。これは庭づくりの構成要素としてとても重要なのです。

これで使用する材料は決まりました。

次は樹種です。

アプローチは最も重要な導線です。


ここで重要視したのが「香り」と「グリーンウォール(緑の壁面)」です。

アプローチを歩くたびに花の香りが漂う。緑に囲まれる。これがコンセプトです。

花は沈丁花・クチナシを植栽し甘くさわやかな香りを楽しみます。

グリーンウォール(緑の壁面)では蔓植物のイワガラミを使い、木材に這わせウッド花壇を包み込みます。イワガラミは花もとても奇麗で目を楽しませてくれます。


この様に庭づくりというのは全てに理由があり、ストーリーが存在するのです(^^♪


お客様も大変喜んでいただいており、作庭者からすると感無量であります!!


ストーリーのある庭づくり。

ご興味ある方は是非お声掛けくださいね♪


ではまた次回




NEW

  • 埼玉県川越市 駐車場の庭づくり 計画図

    query_builder 2022/01/09
  • 東京都某マンションリガーデン 通気水脈工事と植栽によるリフォーム工事

    query_builder 2022/01/09
  • 露地(茶庭) 屋上庭園の庭づくり 完成です

    query_builder 2022/01/07
  • 神奈川県相模原市アトリエ 雑木の庭づくりとウッドデッキと雪化粧 

    query_builder 2022/01/07
  • 雑木の庭づくり 町田市のドッグランの庭 雪化粧

    query_builder 2022/01/07

CATEGORY

ARCHIVE